*

海外旅行で絶対必須!!パスポート取得方法

      2016/03/25

こんにちは。
ここ最近桜の花も散りポカポカした天気が続いていますね。

夜は冷え込みますので軽く羽織れる物を持っていたらよいかもしれませんね。

海外旅行必需品も早くも6回目となりましたが大事なことを忘れていました。

海外へ行くには最低限何が必要かということです。お金は当たり前ですが絶対必要な物が【 パスポート 】です。

私は東京都内の有楽町というところで申請しましたがあまりにも人が多すぎて嫌気がさしました。

地方でとったことはありませんが東京ほどではないと思います。

パスポートをどうやってとうるの?から説明すべきでしたが忘れていました。すみません。

東京都内で初めてパスポート申請するやりかたを説明していきます。

東京都内でパスポート申請できる人は都内在住でちゃんと住民票がとれる方限定となってきます。

一部例外として一時帰国者、船員、学生・生徒、長期出張・単身赴任者等で都内に一時的に居住している方は、例外的に東京都で申請できる場合があります。

パスポート取得のために必要な書類

一般旅券発給申請書

10年用と5年用とで種類が異なりますので注意してください。

一般旅券発給申請書は東京都の旅券窓口にありますので窓口についてから書いてください。

個人的には10年がおすすめです。

戸籍抄本または戸籍謄本

申請日前6か月以内に発行されたものが原則必要です。

戸籍が地方にある方は現地の区市町村のホームページから問い合わせて郵送してもらいましょう。

また戸籍を置いているところに家族が住んでいる場合はご家族でも入手できますので頼んで東京に送ってもらいましょう。

パスポート用の写真

窓口近くにはパスポート用の写真を撮る場所がありお客さんを呼び込んでいる業者が多くあります。

しかし、ちょっと高いです。自販撮影記で写真を撮る方が断然お得です。

 

本人確認のための書類

1点で良い書類

運転免許証・写真付の住基カード・船員手帳・宅地建物取引主任者証・身体障害者手帳等
学生の場合2点必要になってきます。学生証と健康保険証があれば大丈夫です。

上記が揃っていればスムーズに窓口に提出して申請してもらいましょう。受理してもらったら約6日間かかります。
またパスポートが出来上がっても代理で友達などに取りに行ってもらうことはできないので時間をあけて自分でとりに行くようにしましょう。

パスポートを受け取る際は手数料として10年間の場合16000円、5年間の場合11000円費用がかかります。

将来よく海外に行こうと思っている方は断然10年間の方がおすすめです。

休日はかなり混みますので時間に余裕を持ってパスポート申請に向かいましょう。

パスポートをもったら海外へ行けるという実感がかなり湧いてきてわくわくしますよ。

 

 

 - バックパッカー, 海外旅行 持ち物 ,