*

SEO担当者に任命された時初めてSEOに取り組むための注意点

      2016/02/17

SEOに取り組むための注意点

こんにちは。LIVEFREEです。

いきなり初めてのことをやれって言われると戸惑うし分からないですよね。

SEOに関して今までやってきたことを書いていきたいと思います。

グーグル、ヤフーなどの検索エンジンからの集客を増やす施策「SEO(Search Engine Optimization)検索エンジン最適化」があります。しかし、いきなりSEO担当者に任命されて取り組むことになったら、何から取り組めばいいのかさっぱりわかりません。現に私がそうでした。ここではSEOの考え方と施策の流れをご紹介していきます。

検索エンジンとはなんぞや

普段グーグルなどで何気なく使用している検索エンジンはおおまかに次のような動きをしています。

  • ネットを閲覧している検索ユーザーが検索する言葉を理解している。
  • 世界中のWEBページの情報を集める。
  • 集めた情報や理解した内容に対して、最適な検索結果を表示する。

グーグルは現在、数え切れないほどのWEBページの情報をもっており、その情報を元にリンクを辿り、ページ情報の追加と更新を行っています。何億何兆もあるページを管理するだけでも想像を絶するものがあります。そして、検索ユーザーが検索エンジンに入力した言葉の意味を理解し、内容や意図をくみとり、数ある中の情報から最適な検索結果を作り上げます。

検索エンジンに理解してもらう

みなさんが運営しているWEBサイトの1ページはグーグルにとっては数兆あるうちの1ページにすぎません。検索エンジンに理解してもらうようにページソース内部の改善を行いWEBページを作成していくことが大切です。せっかく書いたブログなど検索エンジンに出てこなければ更新した意味がありません。なかなか読み取ってくれない場合はサーチコンソールでグーグルにURLを送信すれば読み取ってくれます。ただ、毎回やると面倒になってきますのでサイトマップを作成し他のWEBページからの導線を作ることで、グーグルの認識が早くなります。

SEO内部施策・外部施策

SEO対策として大きく2つのパターンに分けることができます。1つが、検索エンジンにWEBページを理解してもらえるようにするための内部施策です。内部施策には一般的にどこでも言われているタイトルタグや説明分の調整などWEBページごとに行う方法だけではなく、サイト全体を考えて行うコンテンツの追加や内部リンクの調整まで多様に方法が挙げられます。自分が運営しているWEBサイトの特徴や大きさに合わせて行う必要があります。前述しましたがグーグルサーチコンソールが心強い味方になります。WEBサイトで発見されたエラーや重要なHTMLの改善点、インデックス状況、検索キーワードなどを知ることができます。内部の改善を行うに当たって必要なデータを揃えることができます。グーグルサーチコンソールを上手く活用できるようになることをお勧めします。
もう1つの施策が他のWEBサイトからリンクを集めることを目的とした外部施策です。
外部施策については業者やセミナーで「リンクが集まるような良質なコンテンツ作ってください」とよく言われます。ただ、私自信も試しましたが、実際に周りから非常によいと言われるコンテンツを作成したところで、すぐにリンクが集まるというわけではありませんでした。外部施策はほとんど以下の手順を踏むことになると思います。

  • 良質なコンテンツ作成してバズらせる。SNSなどを通じて、コンテンツの情報が拡散され人の目に触れる。
  • 見てくれて「面白いな」と思った人がサイトやブログに紹介し、リンクを貼ってくれる。
  • 自分のWEBサイトに近いサイトを見つけメールや電話でリンクを貼ってもらえるか聞いてみる。
  • お金を支払ってWEBサイトに広告掲載してもらう。

外部施策では引用したくなるようなコンテンツを作ることによって、何かしらの手段でコンテンツが人の目に触れることが重要になってきます。同業他社のライバルサイトを確認し、コンテンツ作成から、SNSで拡散、そしてリンクを集めるところまで一連の流れができているサイトがあれば是非参考にしてみてください。
また、外部リンクを提供するSEO業者が世の中にはまだ存在しています。しかし、グーグルは人工的な方法で順位を操作することを認めていません。無理に順位を上げようとするとペナルティを受け検索順位が落ちる可能性が付いてまわります。もし、外部リンクのサービスを受けるのであればグーグルサーチコンソールで常にリンクの状況を把握し、管理できる状況にしておくことが望ましくリスク軽減に繋がります。

 - SEO , ,