*

転職活動が未来の不安を払拭する方法

   

転職活動が未来の不安を払拭する方法

こんにちは。LiveFreeです。

引越しや退職がスムーズに行きやっと少し落ち着きました。

転職活動をして次の就職先が決まるまでに費やした日数は3ヶ月ほどです。

2年間必死になって働いた会社には最後温かく見送って頂けました。

繁忙期なので少し揉めると思いましたが次でやりたいことを明確にしていたので強く引き留めらることはありませんでした。

知識の変化によって職場への違和感が生まれた理由

私は1年間必死で営業を学びました。

私は営業と並行した期間を加えると1年6ヶ月Webマーケティングを学びました。

営業では先輩の営業トークをボイスレコーダーに保存して毎日鏡の前で練習したり、先輩と同行して一連の流れを覚えたりと必死で学びました。

愛のムチや怒声を浴びせられる時は本当に辛かったですね。

何に対して怒っているのかわからなかったものですから。

Webマーケティングでの仕事では教えて貰える人がいませんでしたので全て独学でした。

Webマーケティングで集客がそこそこ取れるようになったときには会社の方針がWebマーケティングを必要としないことに。

そうなってくるともはやこれまで。

勤めている会社は新しいことにチャレンジできる環境がなくなり危機感だけが募ってきました。

というよりも会社が規模を縮小したり、潰れたりするかわからないような不確実な現代では「会社に一生いてへばりつく」という選択肢はもはや皆無なのかもしれません。

人として社会人として業界の知識もそこそこ身についたので違うところで挑戦したいと思うようになりました。

もし社会へ一人放り投げられたら自分でなんとか生き抜くことはできるのだろうか?といつも不安になっていました。

そのため今の会社にしがみつくということはとてもリスクがあると感じました。

また、自分自身の成長や関心の変化などによって、職場とわたしの意向が合わなくなってきたのもあります。

現職は学生の頃の就職活動で新卒のときに入った会社で、実際に仕事をした経験がなく、狭い視野と限られた情報でしか判断していませんでした。

最初に入った会社に入社したときに私がどの程度、社会のことをわかっていたか改めて考えると何もわかっていませんでした。

逆に、仕事をはじめ社会に出て2年間経ったあと、

転職という人生を変えることは誰もが一度やっておくべきなのではないかと思うようになりました。

私をとりまく環境も私の考え方も変化していく中、一日中を費やす仕事だけが変わらないのであれば仕事がどうしようもなくつまらなく感じてしまいます。

今のままで大丈夫?危機感もって仕事していますか?

私は大企業に勤めたことがありませんので世間一般のイメージになりますが、

大企業に入れば将来安定

中小・ベンチャー企業は不安定で将来不安

会社自体の安定性や先々の見通しが見えるか見えないか。

これは普通な人の健全な感覚です。

しかし、こういった考えが落とし穴だと転職活動して気付きました。

大手だから将来安定するのか?

中小・ベンチャー企業だから将来不安定になるのか?

そういうわけではありません。

考えなければいけないことはあなたをとりまく外部環境、そしてあなた自身の内的な変化に対する「適応」です。

あなたの目指す幸せを追求できる、仕事も前向きにアップできる、そんな柔軟性と選択肢を常に持つことが重要になってきます。

最後に

会社に頼ることもはじめは重要です。

ただ、本当にリストラなどなにも無くなってしまった場合に備えて、

また、一人になってしまっときに備えて準備を怠ることを忘れてはいけません。

 - 人生, 転職活動